東京ビックサイト(演者) コンセプト・スタッフ紹介|水戸市赤塚駅の歯医者|大澤一茂歯科医院

コンセプト・スタッフ紹介

コンセプト

コンセプト

正中矢状面を基準とする咀嚼器構築法Shilla System(シーラシステム)を活用し、欠損歯列補綴(ほてつ)(※)、咬合再構築、審美補綴に重点をおき、"健全な身体は健全な咀嚼器に宿る"ことを目的とし、患者様の正しい咬み合わせの診査・診断と治療、そして歯周病の治療を歯科衛生士と協力して行っています。

義歯(入れ歯)は当院の最も得意とする分野で、特に総義歯は治療用義歯を作り、床下粘膜、顎関節の健康回復処置を行い、S-Aブレード臼歯、H-Aブレード臼歯を使用し、患者様の快適な食の回復に努めています。また、症例に応じてインプラント治療も積極的に行っておりますので、お気軽にお越しください。
※補綴・・・歯の機能を補うこと


Shilla System(シーラシステム)とは

義歯、咬合の第一人者である阿部 晴彦先生が開発した顔の正中矢状面を基準とする機能・審美的なお口(咬み合わせ)を作るシステムです。"健全な身体は健全な咀嚼器に宿る"ことを目的とし、理想的な咀嚼器の条件である左右対称、左右同高、左右同傾斜を持った、正しい咬み合わせを提供します。
Shilla System(シーラシステム)について詳しくはこちら

シーラシステム

スタッフ

院長

院長 大澤 一茂

大澤 一茂(おおさわ かずしげ)

略歴
  • 1983年 明海大学歯周病学教室入局
  • 1995年 歯学博士(学位取得)
  • 1999年 日本顎咬合学会認定医
  • 2003年 国際口腔インプラント専門医学会(ICOI)認定医
  • 2007年 日本顎咬合学会指導医
  • 2009年 近未来オステオインプラント学会(IPOI)指導医

所属団体
  • スタディグループSAEY
  • 日本顎咬合学会
  • 近未来オステオインプラント学会(IPOI)
  • 国際口腔インプラント専門医学会(ICOI)
主な活動
2002年
アメリカ ミシガン大学短期留学ポストグラジュエートコース受講 (歯周病学、インプラント学)
2003年
第21回日本顎咬合学会学術大会東京フォーラム(演者)
2004年
ICOI世界大会 ラスベガス参加
2005年
ICOIアジア大会 韓国済州島参加
東京歯科研究会(有歯顎症例に対するShilla Systemの活用)講師
2006年
東京歯科研究会(有歯顎症例に対するShilla Systemの活用)講師
ICOI世界大会 台湾参加
2007年
IPOI臨床研究会 (Shilla Systemによる咬合診断実習コース)講師東京、福岡(講師)
2008年
第26回日本顎咬合学会学術大会 東京フォーラム(演者)JMM臨床コロキウム 東京ビックサイト(演者)
第26回日本顎咬合学会学術大会 01
第26回日本顎咬合学会学術大会 02
第26回日本顎咬合学会学術大会 03
2012年
1月29日
近未来オステオインプラント学会北海道支部新春講演会 講演「Shilla Systemの臨床とその概要」(とかちプラザ)

3月4日
日本顎咬合学会北海道支部特別講演 「Shilla Systemの概要」(札幌国際ビル国際ホール)

6月9日
第30回 日本顎咬合学会学術大会 テーブルクリニック
「Shilla Systemにおけるエステティックフェイスボウの意義」(東京国際フォーラム)

7月28日~7月29日、8月25日~8月26日
医療法人宝歯会グループセミナー講師「Shilla Systemの活用」
2014年
1月~5月
Shilla System有歯顎咬合セミナー講師 ㈱クリエンテス主催

7月5日
近未来オステオインプラント学会 最優秀論文賞受賞
近未来オステオインプラント学会 最優秀論文賞受賞
8月24日
近未来オステオインプラント学会北九州ブロック(福岡、長崎、大分支部)セミナー講師
「Shilla Systemにおけるエステティック・フェイスボウの使用法」

10月11日
第7回日本国際歯科大会(演者)
「インプラントオーバーデンチャー -患者満足度の高いアタッチメントとは?-」
(パシフィコ横浜)
第7回日本国際歯科大会

2015年
7月5日
CoLLQuium in 2015
「超高齢社会におけるインプラント治療を考える
 -欠損歯列へのインプラントオーバーデンチャーの活用-」(演者)
京セラメディカル 株式会社
(イイノホール&カンファレンスセンター)
CoLLQuium in 2015

9月19日・20日
上海セミナー講師「Shilla Systemの概要」
上海セミナー Shilla Systemの概要 01
上海セミナー Shilla Systemの概要 02
2016年
1月23日
福岡 生体主導型歯科臨床セミナー講師
「歯科臨床におけるインプラントと天然歯の咬合調整法]

2月28日
東京 京セラメディカル座長
NEW YEAR MEETING 2016

6月26日
秋田 二水会講師「Shilla Systemの概要」

11月22日、23日
上海 講師「Shilla Systemの臨床」
2017年
7月22日
釧路 釧路デンタルスタディーグループ講師
「Shilla Systemにおけるフェイスボウ・トランスファー」

7月23日
釧路 釧路デンタルスタディーグループ釧路市歯科医師会講師
「Shilla Systemを活用した総義歯、部分床義歯の臨床」
論文

日本顎咬合学会誌

2003年 日本顎咬合学会誌 Vol23.No1

「総義歯臨床における咬合平面可否に関する診査・診断」


クインテッセンス・デンタル・インプラントロジー

2006年 クインテッセンス・デンタル・インプラントロジー Vol.13.NO.2

「総義歯臨床における咬合平面可否に関する診査・診断」

「Shilla System活用法 サイナスリフト後の
インプラント治療における最適な咬合再構成」


Shilla Systemを用いた部分床義歯の調製

2009年 月刊デンタルダイヤモンド 2009APR.Vol34 No.487

「Shilla Systemを用いた部分床義歯の調製」


THE VERIFICATION 検証の時代はじまる Shilla Systemの検証(前編)

2011年 ザ・クインテッセンス 2011vol.30 no.8

「THE VERIFICATION 検証の時代はじまる
Shilla Systemの検証(前編)
─システムと,その特性」


THE VERIFICATION 検証の時代はじまる Shilla Systemの検証(後編)

2011年 ザ・クインテッセンス 2011vol.30 no.9

「THE VERIFICATION 検証の時代はじまる
Shilla Systemの検証(後編)
─システムの最適な臨床応用法を検証する」


Quintessence DENTAL Implantology

2013年 Quintessence DENTAL Implantology 2013vol.20 NO.1

「インプラントが進むべき道とは?-他分野からの提言ー」
総義歯の立場から
先人が残してくれた総義歯学の叡智を、現代のインプラントロジストは
もっと活用すべきである」


Quintessence DENTAL Implantology

2014年 Quintessence DENTAL Implantology 2014vol.21 NO.2

インプラントオーバーデンチャーの印象技法


Quintessence DENTAL Implantology

2014年 補綴臨床 vol.47 no2 2014

フェイスボウ・トランスファーを考える ー運動学・審美学的共調を目指してー


the Quintessence 咬合

2015年 イヤーブック 別冊「the Quintessence 咬合」P102~P113

臨床におけるインプラントと天然歯の咬合調整


著書紹介

機能・審美的な咀嚼器構築の臨床

「機能・審美的な咀嚼器構築の臨床」

有歯顎・無歯顎症例に対するSHILLA SYSTEMの活用

監著:阿部晴彦
1999年 クインテッセンス出版株式会社
P223~P235


SHILLA SYSTEMの概念とその臨床活用

「SHILLA SYSTEMの概念とその臨床活用」

監書:阿部晴彦
著書:元 永三、大澤 一茂、上川 明久
2006年5月 クインテッセンス出版株式会社


診療メニュー
  • 一般歯科・根管治療
  • 歯周病
  • 予防歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • インプラント
  • 義歯
  • 咬みあわせ、顎関節症
  • 矯正歯科

IPOI近未来オステオインプラント学会

茨城県水戸市|大澤一茂歯科医院