咬み合わせが気になる・顎がカクカクする(顎関節症治療)

その症状、顎関節症かもしれません

不正咬合は全身に悪影響を招く怖い症状です

顔が曲がっている
物を咬んだときに音が鳴る
顎が開けづらい
口を動かすと顎が痛い


不正咬合は全身に悪影響を招く怖い症状です

このような症状が見られる人は、顎関節症の疑いがあります。顎関節症は、顎まわりに起こる不調を総称するものです。原因は、歯ぎしりや食いしばりなどが挙げられます。当院では、顎関節症の治療を行っていますので、ご家族に歯ぎしりを指摘された方は一度ご相談ください。


顎関節症になっているケース

当院の咬み合わせ治療

当院の顎関節症治療

頭は7~10kgのボーリングの球と同じくらいの重量があります。あご関節は頭と胴体の繋ぎ目で頭を支えており、あご関節は歯の並びによってバランスが保たれ姿勢を左右する大きな要素です。
頭(顔面頭蓋)やあご関節のバランスの歪みは審美的な問題だけでなく頭痛、肩こり、頚腕症候群などの原因となるばかりではなく頚椎、骨盤の歪みを発生させ内臓の圧迫から全身的に不健康の要因となります。


そこで、水戸市の大澤一茂歯科医院では顎関節症の改善を図るために、Shilla System(シーラシステム)を採用した治療を行っています。

Shilla System(シーラシステム)とは

顔の中心を基準とする機能・審美的なお口(咬み合わせ)を作るシステムです。理想的な左右対称の咬み合わせを構築して体の重心バランスを整え、咬み合わせが原因で起こる頭痛、肩こり、頚腕症候群、骨盤の歪み、内臓の圧迫などの不健康の要因を取り除きます。


シーラシステム

症状にあわせて治療を行っています

筋肉がズレている方にはスプリント療法というマウスピース治療が有効です。しかし、筋肉のズレだけでなく、咬み合わせまでズレてしまっている場合にはスプリントを外したときに元の咬み合わせに戻ってしまうため、咬み合わせ治療が必要です。

当院では歯と接着したスプリントを入れて、そのまま"食事もできる"スプリント療法も行っています。症状にあわせた適切な治療を行いますので、顎関節症でお悩みの方は当院までご相談ください。

症例

診療メニュー
  • 一般歯科・根管治療
  • 歯周病
  • 予防歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • インプラント
  • 義歯
  • 咬みあわせ、顎関節症
  • 矯正歯科

ICOI

茨城県水戸市|大澤一茂歯科医院