歯ぐきが腫れる、血が出る(歯周病)

腫れ・出血が見られたら検診を受けましょう

腫れ・出血が見られたら検診を受けましょう

歯ぐきの腫れや出血は、歯周病の症状のひとつです。放置してしまうと腫れや出血がひどくなり炎症が悪化し、やがて顎の骨が溶けて、最悪、歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯ぐきに腫れや出血が見られるなら、一度水戸市赤塚駅の大澤一茂歯科医院で検査を受けられることをおすすめします。


歯周病の影響は全身にも?

歯周病の影響は全身にも?

歯周病は「歯の周りの病気」と書きますが、その影響は全身におよぶこともあります。歯周病菌が血液を介して臓器に運ばれると、以下のような悪影響を引き起こすこともあるのです。

お口の健康だけでなく、全身の健康のためにも歯周病は早めの治療、また予防に努めましょう。

歯周病が引き起こす悪影響

心疾患、腎炎、肺炎、関節炎、骨粗鬆症、低体重児出産、早産など


当院の歯周病検査・治療

歯周病検査について

歯周ポケット診査

歯周ポケットの深さは、歯周病の進行段階の指標になります。ものさし状の器具を歯周ポケットに差し込み、深さを測ります。


歯の動揺度の検査

歯の動揺度(グラつき度合い)は、どれくらい顎の骨が溶けているのかを示す指標になります。ピンセット状の器具で歯をやさしく動かし、動揺度を測ります。

レントゲン検査

レントゲン撮影を行って、歯を支えている顎の骨がどれくらい溶けているかを調べます。

当院で行っている歯周病治療について

スケーリング

スケーラーという器具を使って歯周ポケットから歯垢や歯石を除去します。ブラッシングで取り切れない部分の汚れもキレイに取り除けます。血が出ることがありますが、しばらく経てば止血するのでご安心ください。


ルートプレーニング

ルートプレーニングとは、歯周ポケットの奥に付着した歯石や感染した歯質をキュレットという専用器具でキレイに除去する治療のことです。スケーリングだけでは取り切れない歯石などがある場合に適用します。


歯周ポケットそうは術

局所麻酔を行って、歯周ポケットに付着した歯石や膿を根面側の歯ぐきとともに除去します。歯周病菌に冒されている歯ぐきそのものを取り除くことで炎症を止め、歯周ポケットを小さくすることができます。


フラップ手術

歯ぐきを切開し、露出した歯根に付着した歯垢や歯石を除去する手術です。手術の時間は歯ぐきの状態や歯周病の進行度合いによって異なりますが、だいたい1時間くらいで完了します。術後は感染防止のために抗生剤を処方します。


GTR法

歯周病菌によって溶かされた顎の骨を再生させる治療方法です。歯肉を剥離し歯周ポケット内の歯石や歯垢を取り除き、そこに人工膜を設置して歯肉の侵入を防いで歯周組織の再生を促します。再生後に膜を外して終了です。


エムドゲイン法

歯周病菌によって溶かされた顎の骨を再生させる治療方法です。歯肉を剥離し、歯周ポケット内の歯石や歯垢を取り除き、そこにエムドゲインゲルという薬剤を注入し、縫合して歯周組織の再生を促します。エムドゲインゲルはタンパク質の一種で自然に吸収されるため、GTR法のように後処理は不要です。


CFG

歯周病治療後に組織の回復を早める治療です。術前に採血した血液を遠心分離機にかけてCFGを抽出し、それを傷口に入れて縫合することで、回復を早められます。


PICK UP

ペリオウェーブを導入しています

ペリオウェーブを導入しています

ペリオウェーブ(レーザー治療)とは、歯周ポケットに専用のジェルを注入し、そこに無熱レーザーを1分間当てて歯周病菌を死滅させる治療です。痛みがなく腫れにくく、副作用が起こりにくいのが特徴です。歯周病のほか、根管治療や口内炎、ヘルペスの治療、インプラントのメインテナンスなどにも使われます。


毎日のブラッシングを大切に

歯周病は再発しやすく治りにくい病気です。一度かかると治療が長期化しやすく、長年患うことも少なくありません。治療後は、定期検診とあわせて、毎日のブラッシングもしっかり行って歯周病のない健康な口腔内環境を保ちましょう。

診療メニュー
  • 一般歯科・根管治療
  • 歯周病
  • 予防歯科
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • インプラント
  • 義歯
  • 咬みあわせ、顎関節症
  • 矯正歯科

ICOI

茨城県水戸市|大澤一茂歯科医院